twitterはじめました。フォローはこちらから。

『古河電気工業』ってどんな企業?就活で気になる年収、待遇、事業内容を分析。

今回企業研究するのは『古河電気工業』です。古河電工は古河グループの中核企業で非鉄金属メーカーです。古河電工の年収、待遇、事業内容を研究していきましょう。




古河電気工業の概要

下記は当サイトで独自に調べたデータです。コーポレートサイト、各種就職ポータルサイト、就職四季報を参考にしています。

古河電気工業株式会社
設立1896年6月
代表者小林 敬一
売上高4406億円(2020年度 )
経常利益119億円(2020年度)
社員数3925名(2020年3月31日現在)
平均年齢44.5歳
平均勤続年数18.8年
事業所の数本社:東京(丸の内)
事業所:横浜、千葉、平塚、日光、三重など
支社:札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
支店:富山、高松、那覇
研究所:横浜、千葉、平塚、日光、滋賀
去年の採用人数108名
平均年収868万円(総合職)
3年後離職率5%
社内制度財形貯蓄制度(利子補助)、従業員持株制度、退職金制度、
積立休暇制度、住宅融資制度、育児休業制度、介護休業制度、
寮・社宅完備、人間ドック利用補助、定期健康診断、
成人病診断、健康セミナー、スポーツクラブ補助、旅行会補助、
クラブ活動補助など
一人あたりの売上1.1億円
一人あたりの経常利益約300万円
業種非鉄金属
メイン商材光ファイバ、電力ケーブル、ハードディスク用基盤、銅管
セグメントインフラ
電装エレクトロニクス
機能製品
サービス・開発
コーポレートサイトhttps://www.furukawa.co.jp/

就職四季報2022年版

売上や利益を一人あたりで割ると企業の収益力がわかりやすくなります。競合他社と比較して、企業の収益力の強さを計ってみてください。

一般的に上場企業の一人あたりの経常利益額は100〜200万以上あれば良いと言われています。

企業規模がいくら大きくても、一人あたりで稼いでる利益が少ないと社員への還元は悪くなります。

ほんとうにいい会社なのかはそこをポイントに見極めてください。

平均年齢、平均勤続年数はかなり長めで人が辞めにくい働きやすい企業だと思います。

採用は 2020年4月:技術系80名、事務系25名、一般職7名(予定)です。

職種としては、

●事務系:営業(国内・海外)、企画、生産管理、人事・総務、経理、資材、法務など
●技術系:研究開発、生産技術、設備設計、品質保証、特許、情報システムなど
●一般職:事務アシスタント、経理アシスタント、営業アシスタント

になります。メーカーは事務系の採用は少ないです。特に営業は狭き門です。事務系総合職狙いの方は就職難易度高めです。

古河電工の年収、待遇

就活生が一番気になる年収、待遇の面を分析していきましょう。

就職四季報によると古河電工の
平均年収は868万円(総合職平均)です。

平均年収は比較的高い部類です。メーカーは全体的に年収が低くなる傾向がありますが、古河電工はかなり高水準です。

初任給は

■総合職(事務系・技術系)
学士 月給217,130円(2019年4月実績)
修士 月給232,250円(2019年4月実績)

■一般職
大学卒 月給167,050円(2019年4月実績)

です。初任給だけで見ると比較的低い部類に入ります。残業手当ありで、残業の月平均は23.2時間です。

ボーナスの実績は4.62ヶ月分とこちらも少なめです。なぜ平均年収がこんなに高いのか不明なのですが、考えられる理由としては、平均年齢が高い、昇給スピードが早い、諸手当が多い等が挙げられます。若いうちは給料少ない企業かもしれません。

「会社四季報」業界地図 2021年版

古河電工の事業内容

古河電工は非鉄金属製品を製造、販売しています。公表している資料から事業内容を読み解きます。


古河電工は4つのセグメントに分かれています。

インフラ、電装エレクトロニクス、機能製品、サービス・開発です。
一つ一つ事業内容を抜粋します。

※青色ボックス内の記載はすべてコーポレートサイトの抜粋です。

インフラ

情報通信ソリューション事業とエネルギーインフラ事業があります。

情報通信は光ファイバー、エネルギーインフラは電力ケーブルがメイン商材です。

光ファイバーでは米コーニング、伊プリズミアンに次いで世界3位です。

情報通信

マルチメディア時代に応える最先端の光技術。
高度情報化社会の中枢を多面的に支えています。

グローバルコミュニケーション時代とでもいうのでしょうか。インターネットがワールドワイドに張り巡らされ、世界の様々な情報がオフィスはもちろん家庭でもリアルタイムに入手できる環境が整ってきました。こうした高度情報化社会の中、価値ある情報を誰もが快適に利用できるキーテクノロジーが、光・情報システムです。古河電工は、光ファイバ網を一般家庭にまで張り巡らせようという「FTTH」プロジェクトを実現する多彩な技術と製品の提供により、理想のコミュニケーション基盤をしっかりと支えています。
また、2001年にはルーセントテクノロジー社の光ファイバ部門を古河電工グループに加え、様々な先進技術の集約により、光ファイバ、光ファイバケーブル製造における世界トップレベルのグループとなりました。古河電工グループは、今後も更に世界市場進出への取り組みを続けていきます。

エネルギー

省エネルギー・環境保全という時代の要請に応えながら、
トータルな技術で、高度な電力ネットワークを構築します。

毎日の生活や産業にとって必要不可欠なエネルギー、電力。古河電工では、発電所から、暮らしのすみずみまでに電力を送り届ける「送電システム」や「配電ケーブル」を通じ、増大し続ける電力需要に応えています。また、省資源・環境保全という時代の要請にも積極的に対応、次世代エネルギーとして注目される超電導技術や太陽光発電システムなど、多彩な先端技術で社会に貢献しています。

電装エレクトロニクス

主に自動車向けの製品を扱います。様々な自動車部品を各完成車メーカーに納入しています。

自動車

テーマは、安全性、快適性、そして環境との調和。
輸送の可能性に、トータルテクノロジーで挑戦しています。

自動車から鉄道車両、船舶、航空機、HIIロケットにいたるトランスポーテーション分野でも、古河電工は独自の素材技術、エレクトロニクス技術、メカトロニクス技術を融合し、快適な輸送環境を形づくる様々な製品を開発しています。特に、自動車関連では、ワイヤハーネスをはじめとする各種エレクトロニクス部品、アルミボディ材を提供、さらにITSシステムなどの先進技術にも挑み、自動車産業になくてはならない存在として、その地位を強固なものにしています。

機能製品

電子部品・金属線、放熱製品、メモリディスク材料や給排水管や給電線等の建材も扱っています。

電子部品

進化し続ける半導体とその周辺技術が
エレクトロニクス産業の新たな可能性を増幅させています。

小型化・高性能化が進むエレクトロニクス製品。それを支え、発展させているのが半導体です。わずか数ミリ四方のチップの上に数十万から数千万の電子素材が組み込まれ、凝縮された情報が処理されていくLSIの世界。古河電工は、この半導体分野において、化合物半導体の素材からデバイスまでを開発。また、半導体周辺を高密度に実装する多彩な製品、マイクロプロセッサの冷却に不可欠なヒートパイプなど様々な製品を送りだしています。その一つひとつに、長年培ってきた様々な技術が融合されています。

建設・建築

先進の素材技術・加工技術を統合させながら
都市やビル、住宅のアメニティ環境を創造します。

人間にとって快適な空間とは、どんなカタチをしているのでしょうか。例えそれが都市であってもビルであっても、そのコンストラクションに必要とされるものは、ヒューマンな視点と、理想を実現する高度な技術といえるかもしれません。古河電工は、これまでに蓄積してきたあらゆる技術を応用しながら、快適生活を支える様々な製品を開発してきました。建築材料から電線管路材、防災製品、さらには一般住宅の設備機器まで、その一つ一つに暮らしの機能と環境との調和をめざす古河電工の理想が息づいています。

●サービス・開発

物流や不動産の賃貸、新製品研究開発を行っているセグメントです。

まとめ

古河電工の企業分析を行ってきましたが、皆さんはどういう印象を持ちましたか?

年収は比較的高く、平均勤続年数が長い企業のため、社員の待遇は良い企業だと思います。

また製造している製品は素晴らしく、世界的に見ても高シェアです。

光ファイバーでは米コーニング、伊プリズミアンに次いで世界3位、電線では世界5位。
自動車エアバッグ用ステアリング・ロール・コネクター(SRC)/世界首位。
リチウムイオン電池材料/世界首位。
ハードディスク用アルミ基板/世界首位。
ETC用アンテナ/国内首位。
※出典:wikipedia

おすすめ度は星5です。この記事を見て古河電工に興味を持ったら是非企業説明会に足を運んでみてください!

【主要3方式〈テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング〉対応】 これが本当のSPI3だ! 2023年度版 (本当の就職テスト)

就活情報は友人とシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です