twitterはじめました。フォローはこちらから。

【業界研究の基礎】業種一覧と業界トップ企業を知ろう!

今回は業界研究をまだ始めていない人や何をしていいかわからない人向けの記事です。

業界と一言で言っても、様々な業界があります。今回は証券コードによる業種一覧から業界研究の基礎を学びましょう。(証券コードとは証券取引所で使われるものです。)

興味のない業界も一応勉強しておくことで、就活の幅が広がります。すべての業界を一度は勉強しましょう!

業種一覧

証券コードによる業種は、大分類と中分類に分かれています。下記が業種一覧です。

大分類中分類一部上場企業数
水産・農林業水産・農林業7
鉱業鉱業6
建設業建設業100
製造業食料品82
繊維製品41
パルプ・紙12
化学147
医薬品39
石油・石炭製品9
ゴム製品11
ガラス・土石製品33
鉄鋼31
非鉄金属24
金属製品42
機械142
電気機器158
輸送用機器62
精密機器32
その他製品52
電気・ガス業電気・ガス業22
運輸・情報通信業陸運業43
海運業8
空運業3
倉庫・運輸関連業24
情報・通信業217
商業卸売業176
小売業199
金融・保険業銀行業82
証券、商品先物取引業23
保険業9
その他金融業27
不動産業不動産業72
サービス業サービス業213

全ての上場企業はこの分類のどこかに属します。業界研究とはこの中分類の中身を研究することです。

これを見て皆さんは全ての業種の主要な企業事業内容がわかりますか?

わかった人はこの記事は飛ばしていいかもしれません!



各業種の主要な企業

それではまず各業種の主な上場企業1社を見ていきましょう。

大分類中分類主要企業
水産・農林業水産・農林業マルハニチロ
鉱業鉱業国際石油開発帝石
建設業建設業大和ハウス工業
製造業食料品アサヒ
繊維製品東レ
パルプ・紙王子製紙
化学三菱ケミカル
医薬品武田薬品工業
石油・石炭製品ENEOS
ゴム製品ブリヂストン
ガラス・土石製品AGC
鉄鋼日本製鐵
非鉄金属住友電気工業
金属製品LIXIL
機械ダイキン工業
電気機器日立製作所
輸送用機器トヨタ自動車
精密機器オリンパス
その他製品任天堂
電気・ガス業電気・ガス業東京電力
運輸・情報通信業陸運業JR東日本
海運業日本郵船
空運業ANA
倉庫・運輸関連業近鉄エクスプレス
情報・通信業ソフトバンク
商業卸売業三菱商事
小売業イオン
金融・保険業銀行業三菱UFJ銀行
証券、商品先物取引業野村證券
保険業東京海上日動火災保険
その他金融業オリックス
不動産業不動産業三井不動産
サービス業サービス業電通

ここに記載がある企業は業界の主要企業で、どの業界も皆さんが知ってる企業ばかりです。

主要企業が分かれば業界のイメージが掴みやすくなりますよね!

業界研究を自己分析に結びつける

自己分析を進めているけどうまくいかない、なにがやりたいかわからないという人は多いと思います。

そんな人はまず上記の一覧表に書いてある全ての企業を研究してみてください。時間は掛ける必要ありません。

企業のコーポレートサイトとウィキペデイアを見て、どんな事業を行っているのか見てみてください。

そして少しでも興味がある業界を絞って、どんどんと深堀りしていってください。きっとやりたい仕事や行きたい企業が見つかると思います。

業界を絞らずに応募するのは失敗の最大の原因です。私も業界を絞らずにいろんな企業を見て回り見事失敗しました。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

管理人が個人的におすすめな業界

一部上場企業勤務の管理人が個人的におすすめな業界を紹介します。

前提として私がおすすめする業界は『斜陽業界でない』『ワークライフバランスが比較的整っている』『年収が低くない』というホワイト業界です。

寝る間も惜しんでバリバリ働きたいという人にはマッチしませんので注意してください。

まず製造業の中では、化学、ゴム製品、ガラス、非鉄金属のいわゆる素材メーカーはおすすめです。

まったりとした社風の企業が多い印象です。ただし素材の中でも鉄鋼は業界自体が海外企業に押されていてあまりおすすめしません。

次に海運業界です。かなり高給でワークライフバランスも整っている印象です。しかしながら採用人数が少なく非常に狭き門です。高スペックじゃないと厳しいでしょう。

意外におすすめなのは卸売業です。ただし総合商社はバリバリ働きたい人向けなのでおすすめしません。狙い目は専門商社です。

専門商社は世間的な知名度はかなり低いです。しかし『ワークライフバランスが比較的整っている』『年収が低くない』という要素が揃ってる企業は多いです。

年休120日以上、平均年収700万以上の専門商社を見つけるのは難しくありません。また採用人数も多く、学歴もそこまで気にされません。

文系でホワイト企業に行きたい人は絶対に専門商社を見たほうがいいです。

ちなみにこのサイトでは専門商社を多めに企業研究しています。その他のページも目を通してくださいね!

以上、業種一覧と主要企業を学んできましたが、興味が持てそうな業界はありましたでしょうか?

ぜひ就職四季報2022年版「会社四季報」業界地図 2021年版を買って業界研究、企業研究を進めてください。

【主要3方式〈テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング〉対応】 これが本当のSPI3だ! 2023年度版 (本当の就職テスト)

就活情報は友人とシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です